[PR] 賃貸マンション 大阪 Safty Foods(安全な食品) 忍者ブログ

Safty Foods(安全な食品)

美味しいものが食べたい。全国各地に美味しいもんはたくさんあります。けれども、やはり安全で安心なものを口にしたいものです。

2017.04.30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008.04.06

バターは大好きなんです。火を通す料理にはたいていどんなものにでもマッチしそうな気がします。バターをスープの味付けに出来ることを知ったのは、高校生のときにラーメン屋さんで塩バターラーメンを食べた時でした。それ以来、母親の作る料理で味が物足りない時はバターを少々入れてこくをだして食べるようになっていました。最近でこそ、年をとって体に気をつけているので控えていますが、代わりにマーガリンを使っていることもあります。

アサリのバター蒸し、野菜のバター炒め他にもたくさん私の知らないレシピがあるのでしょうね。バターを使った料理のレシピをしっかり見直したいと思います。

市場の消費量に間に合わせるには小牛の成長を待たなければならないので2年かかるそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080406-00000001-fsi-bus_all
バターが消えた スーパー 原料の生乳不足直撃
4月6日8時26分配信 フジサンケイ ビジネスアイ


 スーパーなどでバターが品薄になり、店によっては売り場から姿を消す事態に陥っている。バターの原料となる国内産生乳(せいにゅう)が、飲用牛乳の消費低迷の影響で減産されたところに、国際的な穀物相場高騰が酪農経営を直撃。飼料値上がりで生乳を増産しにくい状態となり、バターの原料不足が簡単には解消できない状況だ。飼料高を受け生乳の価格も上昇し、雪印乳業やよつ葉乳業、森永乳業など乳業各社は4月から5月にかけて、バターの希望小売価格を8~10%程度上げる。消費者にとっては「品不足」と「値上げ」のダブルパンチとなる。農林水産省によると2007年4月から08年1月の国内バターの生産量は前年同期比4・5%減。乳業会社などのバター在庫量は前年より2割程度落ち込み、「原料を確保できないので、すぐに出荷量を大幅に増やすのは難しい」状態だ。

 「本日は入荷がありません」。東京都品川区の食品スーパーでは、バターの全商品が品切れとなる日が珍しくない。店員は「週に1回しか入荷せず、その日のうちに売り切れてしまう」と話す。品薄になったのは、お菓子作りなどで需要の高まった昨年末あたりから。業務用バターの価格も、供給不足を反映して急上昇している。国内産の生乳は、消費落ち込みで供給過剰が続き、06年春には大量に捨てられる事態に。これを受け生産者団体は減産に踏み切ったが、今度は中国などで乳製品の需要が強まり、国内でも生乳がチーズなどに使われるようになり、一転して生乳不足になった。バターの国内シェア2位のよつ葉乳業は「出荷量はすぐには増やせない。生産者が乳牛を増やしたとしても、乳が出るまでに2年はかかるからだ」と説明。業界内には「乳牛を増やしたら、また供給過剰になるかもしれない。飼料高で経営が苦しい酪農家にとっては大きなリスクを伴う」との懸念もあり、簡単には増産できないのが実態だ。

PR
2008.04.04

美味しい牛肉を食べたいです。しかも安くて、安全なものを!
クローン技術は最近できた技術なので、誰かが安全だといってもどこか信用できない気持ちになってしまいます。なにしろ生命を操作するのですから。単純に考えれば、昔から、植物の品種改良は行われてきています。そのおかげで、美味しい果物野菜、主食であるなんかも口に入るのですから問題がないような気もするのですが、生命を操作しているレベルの違いでこれだけ気になってしまうのでしょうね。

口の中でとろけるような、霜降りの牛肉を早く大量に生産して庶民の口にも届くようにしてほしいものです。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080404-00000002-yom-soci
クローン食品、米の出荷自粛は初代だけ…子孫の日本流入も
4月4日3時0分配信 読売新聞


 体細胞クローン技術で作った牛の肉などの「クローン食品」について、米国が出荷自粛措置を継続しているのは、同技術で作った「初代」の動物だけで、子孫や精液は含まれていないことが3日、わかった。

 日本政府の問い合わせに対し、米国側が回答していた。米国市場で出回れば、日本に輸入される可能性もある。体細胞クローン食品は安全性に問題がないとの研究結果が出ているが、消費者の不安も強いだけに、表示などのルール作りが議論になりそうだ。

 米国では、食品医薬品局(FDA)が今年1月、牛、豚、ヤギなどの体細胞クローン食品について「従来の家畜に由来する食品と安全性は同等」とする最終評価を公表し、安全宣言を出した。その一方で、米国農務省は、市場の混乱を避けるため、出荷の自粛は当面続けると発表した。

 この発表当初、米国の出荷自粛の範囲が不明確だったが、厚生労働省は3日の内閣府・食品安全委員会で、委員の質問に対し「1月までFDAで出荷自粛要請が行われていたが、その後は初代だけなっている。実際に市場にどう現れてくるのか明確な情報はない」などと答えた。関係者によると、米国側から2月、対象は体細胞クローン初代だけで、子孫や精液は対象外と通知された。FDAは安全宣言を出す1月までは初代と子孫の出荷自粛を要請していたが、その後は農務省が初代の自粛要請だけを継続させたという。

 このため、米国では体細胞クローン動物の子孫から作った肉や乳製品は販売できる。厚労省は「安全性に問題がない以上、輸入制限は難しい」とし、「子孫の出荷自粛が解除されて間がないため、全くとはいえないが、それほど流通していないのではないか。日本に入って来るまでにもしばらく時間がかかるだろう」との見方も示している。

  BackHOME : Next 
ブログ内検索

Safty Foods(安全な食品) wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]