[PR] 賃貸マンション 大阪 Safty Foods(安全な食品) 霜降りの美味しい牛肉を食べたい 忍者ブログ

Safty Foods(安全な食品)

美味しいものが食べたい。全国各地に美味しいもんはたくさんあります。けれども、やはり安全で安心なものを口にしたいものです。

2017.05.28
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008.04.04

美味しい牛肉を食べたいです。しかも安くて、安全なものを!
クローン技術は最近できた技術なので、誰かが安全だといってもどこか信用できない気持ちになってしまいます。なにしろ生命を操作するのですから。単純に考えれば、昔から、植物の品種改良は行われてきています。そのおかげで、美味しい果物野菜、主食であるなんかも口に入るのですから問題がないような気もするのですが、生命を操作しているレベルの違いでこれだけ気になってしまうのでしょうね。

口の中でとろけるような、霜降りの牛肉を早く大量に生産して庶民の口にも届くようにしてほしいものです。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080404-00000002-yom-soci
クローン食品、米の出荷自粛は初代だけ…子孫の日本流入も
4月4日3時0分配信 読売新聞


 体細胞クローン技術で作った牛の肉などの「クローン食品」について、米国が出荷自粛措置を継続しているのは、同技術で作った「初代」の動物だけで、子孫や精液は含まれていないことが3日、わかった。

 日本政府の問い合わせに対し、米国側が回答していた。米国市場で出回れば、日本に輸入される可能性もある。体細胞クローン食品は安全性に問題がないとの研究結果が出ているが、消費者の不安も強いだけに、表示などのルール作りが議論になりそうだ。

 米国では、食品医薬品局(FDA)が今年1月、牛、豚、ヤギなどの体細胞クローン食品について「従来の家畜に由来する食品と安全性は同等」とする最終評価を公表し、安全宣言を出した。その一方で、米国農務省は、市場の混乱を避けるため、出荷の自粛は当面続けると発表した。

 この発表当初、米国の出荷自粛の範囲が不明確だったが、厚生労働省は3日の内閣府・食品安全委員会で、委員の質問に対し「1月までFDAで出荷自粛要請が行われていたが、その後は初代だけなっている。実際に市場にどう現れてくるのか明確な情報はない」などと答えた。関係者によると、米国側から2月、対象は体細胞クローン初代だけで、子孫や精液は対象外と通知された。FDAは安全宣言を出す1月までは初代と子孫の出荷自粛を要請していたが、その後は農務省が初代の自粛要請だけを継続させたという。

 このため、米国では体細胞クローン動物の子孫から作った肉や乳製品は販売できる。厚労省は「安全性に問題がない以上、輸入制限は難しい」とし、「子孫の出荷自粛が解除されて間がないため、全くとはいえないが、それほど流通していないのではないか。日本に入って来るまでにもしばらく時間がかかるだろう」との見方も示している。

PR
Post your Comment
Name
Title
Mail
URL
Select Color
Comment
pass  emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
この記事のトラックバックURL:
  BackHOME : Next 
ブログ内検索

Safty Foods(安全な食品) wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]