[PR] 賃貸マンション 大阪 Safty Foods(安全な食品) 生産者がプライドと責任を! 忍者ブログ

Safty Foods(安全な食品)

美味しいものが食べたい。全国各地に美味しいもんはたくさんあります。けれども、やはり安全で安心なものを口にしたいものです。

2017.04.30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007.12.17

生産者や販売者がプライドと責任をもつこと。そして消費者が安いものには疑って掛かることが肝心なのでしょう。
産地直送品の美味しい蟹、めんたいこ、牛肉、野菜本当に美味しいものはそれなりに手間が掛かっているので高いのは当たり前なんですね!




<br><br><br>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071217-00000906-san-pol
「食品表示Gメン」新設へ 監視協議会も
12月17日10時40分配信 産経新聞


 政府は17日午前、首相官邸で「生活安心プロジェクト」関係閣僚会合を開き、消費者保護のための緊急対策を決定した。食品偽装事件が相次いでいることを受け、農水省に20人規模の「食品表示特別Gメン」を新設することなどが柱。平成20年度予算に必要経費を計上し、次期通常国会への関連法案提出を目指す。
 緊急対策は、食品表示や耐震強度の偽装事件などを踏まえ、「消費者の視点」を掲げる福田康夫首相が年内のとりまとめを指示していた。
 食品偽装対策では、北海道や近畿などのブロックごとに「食品表示監視協議会」を組織し、県警や自治体との連携を強化する方針を明記。農水省や警察庁、公正取引委員会など関係省庁間の「連絡会議」も発足させ、一体的な対策を進める。
 また、ガス器具やシュレッダーなど家庭用品による事故を防ぐため、消費者からインターネットを通じて寄せられた情報を「事故情報データバンク」に蓄積。首相の諮問機関である国民生活審議会に有識者からなる「重大事故オンブズマン」を設置し、所管省庁の事故対応が適切だったかどうかを審査する。
 このほか、社会的関心を高めるための「4つの国民運動」として、(1)食の安全に関するシンポジウムの開催(2)子供が使う遊具などの施設の一斉点検(3)「交通事故死ゼロを目指す日」の制定-などを盛り込んだ。

PR
Post your Comment
Name
Title
Mail
URL
Select Color
Comment
pass  emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
この記事のトラックバックURL:
  BackHOME : Next 
ブログ内検索

Safty Foods(安全な食品) wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]