[PR] 賃貸マンション 大阪 Safty Foods(安全な食品) 食の安全に対する意識の変化 忍者ブログ

Safty Foods(安全な食品)

美味しいものが食べたい。全国各地に美味しいもんはたくさんあります。けれども、やはり安全で安心なものを口にしたいものです。

2017.07.27
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010.02.11
背に腹は変えられないといってところでしょう。景気が悪くなって、収入が減った家庭の数が増えています。世の中に「内食」という新たな言葉まで生まれてしまいました。そんな中、安全で高価な食品よりも安価な食品を消費者が好むというニュースです。

数年前から問題になった食品の偽装表示事件で、バカな行動をするような
日本企業はおそらく少なくなっているでしょう。ただ、これだけ不景気になると、企業側も背に腹は変えられないと考え、偽装表示をする可能性も増えるかも知れません。注意を払って、毎日食べる食材を選びたいものです。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100209-00000074-mai-bus_all
<消費者動向調査>「安全」より「安さ」 食生活の意識変化
2月9日19時25分配信 毎日新聞

 デフレを背景に、食品に「安全性」より「安さ」を求める消費者が増えていることが、日本政策金融公庫が9日発表した消費者動向調査結果でわかった。食費を節約するため家で食べる「内食」が増える傾向も浮かび上がり、長引く不況が食卓に影響を与えていることが鮮明になった。

 調査は同公庫が民間調査会社に委託。今年1月4~7日の4日間、インターネットを通じて全国の男女2000人に聞いた。

 その結果、食に関して「安全志向」と答えた人の割合は15.6%になり、08年5月の41.3%から大幅に減少。逆に「経済性(安さ)志向」は27.2%から43.2%に高まり逆転した。また「国産志向」は18.2%から12.1%に減った。

 さらに「世界同時不況以降の食生活の変化」を尋ねたところ、夕食を家で食べることが増えたという人が38.5%に上った。

 調査結果について、同公庫は「08年1月に発覚した中国製冷凍ギョーザによる農薬中毒事件をきっかけに安全志向、国産志向が高まったが、景気悪化で関心が薄れ、節約意識の方が強まった」と分析している。【行友弥】 .最終更新:2月9日20時44分
PR
Post your Comment
Name
Title
Mail
URL
Select Color
Comment
pass  emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
この記事のトラックバックURL:
 HOME : Next 
ブログ内検索

Safty Foods(安全な食品) wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]